保有機器一覧

バックホー 能 力 保有台数
 
SK550解体風景
SK550解体風景
コベルコSK550ロングブーム1.6m3
コベルコSK75SR0.25m3
コベルコSK350セパレートブーム1.2m3
コベルコSK350セパレートブーム1.2m3
コベルコSK350ロングブーム1.2m3
コベルコSK350ロングブーム1.2m3
コベルコSK235SR0.7m3
コベルコSK235SR0.7m3
コベルコSK135SR 0.45m3
コベルコSK135SR 0.45m3
コベルコ SK550ロングブーム 1.6 m3 2台
コベルコ SK350ロングブーム 1.2 m3 1台
コベルコ SK350セパレートブーム 1.2 m3 1台
コベルコ SK235SRロングブーム 0.9 m3 1台
コベルコ SK200 0.7 m3 3台
コベルコ SK135SR 0.45 m3 3台
コベルコ SK115SR 0.45 m3 1台
コベルコ SK75SRD. SK70SRD.SK60SR 0.25 m3 7台
コベルコ SK35SR.SK30SR.クボタU-35 0.15 m3 4台
ホイールローダー 能 力 保有台数
コベルコ LK120Z 2.0 m3 1台
コベルコ LK80Z 0.9m3 1台
コベルコ LK40Z 0.4 m3 1台
フォークリフト 能 力 保有台数
コマツ FD25C-16. FD25C-17 2.5t 3台
アタッチメント 能 力 保有台数
NPK圧砕機1.2m3
NPK圧砕機1.2m3
NPK小割機0.7m3
NPK小割機0.7m3
飯田鉄工つかみ機0.7m3
飯田鉄工つかみ機0.7m3
NPK 圧砕機0.7m3
NPK鉄骨切断機0.7m3
NPK圧砕機1.6m3
NPK圧砕機1.6m3
NPK鉄骨切断機0.7m3
NPK 圧砕機0.7m3
NPK 圧砕機 1.6 m3 1台
NPK 圧砕機 1.2 m3 1台
NPK 小割機 1.2 m3 1台
NPK 圧砕機 0.7 m3 1台
NPK 鉄骨切断機 0.7 m3 1台
NPK 小割機 0.7 m3 3台
飯田鉄工 つかみ機 0.7 m3 2台
オカダアイヨン 小割機 0.7 m3 1台
飯田鉄工 つかみ機 0.45 m3 2台
飯田鉄工 つかみ機 0.25 m3 7台
NPK つかみ機 0.25 m3 2台
NPK ブレーカー 0.15 m3 1台
飯田鉄工 つかみ機 0.15 m3 3台
NPK つかみ機 0.15 m3 1台
車両台数一覧 能 力 保有台数
2tアームロール
2tアームロール
2tダンプ
2tダンプ
4tダンプ
4tダンプ
4アームロール
4アームロール
10tダンプ
10tダンプ
10t土砂ダンプ
10t土砂ダンプ
10tアームロール
10tアームロール
2tダンプ   15台
3tダンプ   2台
4tダンプ   12台
10tダンプ   5台
軽四   2台
2tアームロール   6台
4tアームロール   2台
4tユニック   1台
10t台   1台
↑先頭へ戻る

産業廃棄物収集運搬業

 

ボックス (1.5m3)

狭小現場への設置が可能です。
段積みできるので、使わないときはコンパクトに保管できます。

アームロール(4m3~25m3)

車両侵入可能な地域に限ります。

2トンダンプ

2トンダンプ10台、軽ダンプ車1台が、県下一円から県外までの広域を回収しています。

 

↑先頭へ戻る

解体工事業(木造の例)

木造建築物の解体工事の様子がご覧いただけます。
工事着工前の準備から着工・整地完成までの流れをご紹介します。

着工前

木造一部二階建29坪
前面道路6m
外部仮設養生します。

仮設工事

外部養生シート設置状況。近隣へのホコリやチリなどの迷惑を防ぎます。

内装撤去

内装材(建具・ガラス・石膏ボード等)を撤去します。

屋根材撤去

建設リサイクル法により、瓦は手作業で撤去します。

解体作業

上屋の解体状況。

解体作業

上屋解体完了状況。

基礎撤去

外溝、基礎解体コンクリート土間の撤去状況。

工事完了

整地完了にて、近隣清掃後お引き渡し致します。

 

 

↑先頭へ戻る

解体工事業(RC造・鉄骨の例)

RC造・鉄骨造建築物の解体工事の様子がご覧いただけます。
周辺地域への安全対策は万全。解体終了までの流れをご紹介します。

1. 着工前

近隣状況を十分調査し、現場状況に最適な解体工法を選定します。

2. 仮設工事

近隣周辺への粉塵飛散防止等、第3者への影響を最小限にすることを第一に考え、仮設計画を立てます。

3. 内装撤去

事前に有害物を撤去した後に、建物内部の内装材を手解体、ミニ重機併用等で撤去します。撤去した内装材は順次分別して搬出します。

4. 躯体解体

近隣様への影響は最小限に、安全は最大限に、現場毎に最適な工法を選定します。

5. 外壁解体

近隣様への影響は最小限に、安全は最大限に、現場毎に最適な工法を選定します。

6. 基礎解体

周辺に影響を与えないよう、解体工法を選定します。(圧砕工法)

7. 整地 完了

敷地内を埋め戻し、整地、転圧をして完了です。

   

 

↑先頭へ戻る
↑先頭へ戻る

再生品販売業

 

解体工事

排出される角材・木くず

破砕機投入ベルトコンベア

チップ

解体工事

破砕機

燃料用チップ

チップ

解体工事

破砕機

再生砕石(0~40)

完成

 

↑先頭へ戻る

リサイクルセンター第2工場

リサイクルセンター第2工場  (所在地) 広島県廿日市市木材港南5番3号
平成2009年4月設立

 

1. 石膏ボード処理施設

この処理施設で廃石膏ボードを破砕処理します。

2. 再生処理前の石膏ボード

解体工事などで回収した、石膏ボードです。

3. 再生プラントへ投入

タイヤショベルで、石膏ボードを再生プラントへ投入しているところです。

4. 破砕後の石膏粉

処理後の石膏粉は、セメント原料や再石膏ボードになります。

5. 破砕後の紙

処理後の紙は、RPF原料になります。

 
↑先頭へ戻る
↑先頭へ戻る