FAQ~よくある質問

 見積りは、有料ですか?

 見積りは全て無料です。

 

 見積りをしてもらうと解体しないといけないような気がして、見積りだけを頼むのが頼みにくいのですが…

 見積りだけでもさせていただきます。予算だけをお知りになりたい場合でも、簡単な現地確認をさせていただくだけで積算できますので、お気軽に見積り請求をなさってください。お立会いも不要です。

 

 家電リサイクルの家電とは、何ですか?

 テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン(室内・外機)の4品目です。家電リサイクル券を郵便局、コンビニ等で購入し、所定の集荷場へ搬入してリサイクル処分致します。

 

 基礎、便槽も取ってもらえるのでしょうか?

 基礎、便槽(F.R.Pやコンクリート槽)は参入してありますので、通常予測できる障害物は撤去処分いたします。また、撤去した後、穴ぼこになった部分は埋め戻しをして整地をします。

 

 不要になった家具や廃品は、どうしたらよいですか?

 一搬廃棄物を取り扱う、市区町村の登録業者または一搬廃棄物の処分業者へ依頼して処分をするケースが多いようです。これらの業者に依頼すると、車1台で処分を引き受けてくれます。なお、お手配は弊社でもできますので、ご相談ください。

 

 建設リサイクル法があるといわれていますが、どのような法ですか?また、どのような対策や手続きが必要でしょうか?

 平成14年6月に建設リサイクル法が制定され、建築工事および解体建物の延べ面積80平方メートル以上(約24坪)に対して解体工事において、排出される廃棄物(木くず、コンクリートくず)はリサイクルしている業者に搬入しなくてはならなくなりました。また、建築確認と同様にお施主様が市区町村に対して事前に申請をしなくてはなりません。申請から受理まで約1週間要します。書類の作成や申請手続きは全て弊社が代行いたしますので、ご安心ください。

 

 ほこり、騒音等の近隣対策は、どうしていますか?

 通常、建物の解体工事では、工事に入る前に建物外周を単管組防音シート張りで囲みます(ただし車両・重機の進入面は囲いません)。また、施工中は散水を十分施し、極力ほこりがたたないように工夫をしています。

 

 解体工事をするときは、おはらいをするのでしょうか?

 お施主様により様々です。建物の解体のときは、通常されない方が大半ですが、使われなくなった井戸を解体工事の際に埋めてしまうという場合はほとんどの方がおはらいをされています。おはらいの方法はお近くの宮司様をよばれてなさると良いでしょう。時間も30分程度で終わります。ご準備等の詳しいことは、宮司様に聞かれると良いでしょう。

 

 アスベストは大丈夫ですか?

 解体工事着工前に建物に使用されているアスベスト建材を調査致します。使用されていれば適正に事前撤去し、アスベストの飛散が無いように対処致します。